明けましておめでとうございます。
豊明市の二村台交差点歯科の院長の小島です。

本日から2019年の診療を開始いたしました。
年明けは少しバタバタしておりまして、お待たせしてしまった方は申し訳ありません。
今年もスタッフ一同頑張りますのでよろしくお願いいたします。

さて、本日は定期クリーニングについてのお話です。
歯を削るのが好きな歯医者はほとんどいません。
少なくても私は削るのはあまり好きではありません。
歯医者さんはとは歯が痛くなってから来ていただくのではなく、
歯が悪くならないように、来ていただきたいなーと日々思っております。

いままでの歯科治療は「痛くなってから治療するもの」という
イメージがありました。
そのため、痛みなどがないと、
その歯は悪くなっていても放置されてしまうことが多かったと思います。

定期的にクリーニングすることによって、口腔内の健康状態が保たれ、
詰め物やかぶせ物の寿命は長くなります。

また自覚症状のない人でも 検査や検診の結果、全く異常のない人はなかなかいません。
ただし、初期の段階なら痛みもなく早期治療ができます。
歯石を除去するだけでも歯の寿命はずっと長くなります。
ぜひ3、4カ月に一度はクリーニングに来てください。

では、今年もよろしくお願いいたします。