白い詰め物・被せ物(審美歯科)

白い詰め物・被せ物(審美歯科)

二村台交差点前歯科ではメタルフリーによる審美歯科治療をおすすめしています。

これは金属を用いる歯科治療を全面的に否定するものではありません。
患者さんの症例によって、どうしてもそれらを用いて治療計画を立てたほうがいいと判断した場合には金属材料をお勧めする場合もあります。

メタルフリーをお勧めする理由

現在の日本の健康保険の範囲では奥歯に被せ物をする場合、いわゆる『銀歯』を使わざるを得ない場合もあります。

国の方針も変化しており、白くて歯に優しい素材も一部では使用できますが、どうしても銀歯しか保険治療では使えない場合もあります。

銀歯は見た目に悪いだけでなく、口腔内で酸化、腐食を起こし、虫歯や歯周病の再発や金属アレルギーのリスク* が生じます。
金属アレルギーを発症する人がいるから、すべての歯科用金属が悪いと考える必要はありません。
古くから使われている金合金などはアレルギー発症や腐食するリスクは極めて低く、虫歯予防や咬み合わせの観点からも優れた材料と言えます。

しかしながら歯科材料学や接着歯学の進歩は著しく、ここ数年で目覚しい発展がありました。
今や咬む力の強い奥歯であっても、虫歯や歯周病予防の点において望ましいセラミックス(ジルコニアなどファインセラミックスを含む)などによる修復が可能な時代なのです。

私たちは、むし歯を治し新たに詰め物やかぶせものを入れる際には、今や決して歯やからだに安全とは言い切れなくなった金属を入れるのではなく、歯やからだに優しいノンメタル(メタルフリー)歯科治療をいろいろな手法の中からご提案させていただいております。

r_02

セラミック表

セラミック裏